ペーパークラフト コリエドシアンを作ってみた

この記事は、以前作成していたサイトからの復元情報です。

コリエドシアンを作ってみた

エルメス公式サイト・エルメスの世界「だってほしいんだもの!」で公開されていたコリエドシアンの紹介です。

全6種の紹介と実際に作ってみた工程や感想を記事にしてみました。

ペーパークラフト コリエドシアンの紹介

模様違いで6種類公開されました。

blanc

carreaux

dripping

ecossais

gribouillis

squelette

ペーパークラフト コリエドシアンの作成

印刷用紙について

紙については、普通紙の厚さが良いです。写真用紙で作ったりしましたが、円を作る時、折れ目がついたり、鋲の作成も大変でした。試して無いですが厚 さは普通紙程度、柔軟性のある光沢紙とかベストだと思います。ベルト部分を布とかビニール系の素材で試すのも面白いと思います。

用紙サイズから見た完成サイズ

A4 193 x 39

※ 縦x横 単位㎜

A4で作成した場合、手首回り190mmくらいです。4段階調整で160mm、170mm、180mm、190mmが選択できます。

道具について

今回、使用している道具を紹介します。

用紙(EPSONスーパーファイン紙マットA4)
はさみ
カッティングシート
カッティング定規
待針
両面テープ(1cm幅)
書けないボールペン
デザインナイフ

コリエドシアンの作成

表面から場所を把握したい位置に待針で穴を開けています。

※鋲の曲げ位置が多いですが下準備する事で整形がきれいにできます。


穴を開けた状態。

※分かりやすい様に黒点を打ってあります。


穴を目印に書けないボールペンで折り目を付けます。

※分かりやすい様に実線を引いてます。


接着面に両面テープを貼ります(表面)

※余白面に、はみ出す様に貼り付けます。


接着面に両面テープを貼ります(裏面)

※余白面に、はみ出す様に貼り付けます。


接着面の拡大。


接着面の拡大。


接着面の拡大。


接着面の拡大。


接着面の拡大。

接着面の拡大。

接着面の拡大。


ぞれぞれのパーツを切り抜いた状態です。


それぞれのパーツを組み立てます。

それぞれのパーツを貼り付け、ベルト穴をあけます。

※ベルト穴はデザインナイフで切り取ってます。


まるめて完成。

※中央リングの台座が剥がれない様に曲線を作っていきます。

作成にあたっての考慮した点

折り目を付ける為に書けないボールペンを使用してますが、表面をきれいに見せる為、山谷関係なく裏面に付けています。

接着部分は大きく取りたいので、切り取り線より、大きく切り取りました。

鋲の部分等の折り曲げが多く、待針での下準備やボールペンでの折り目作りがかなり大変ですが、整形を考えると直接折るよりも断然きれいな仕上がりになるので手を抜かずにやる事をおすすめします。

今回は発色等を優先してスーパーファイン用紙を使いましたが、もっと薄手の用紙で良いかもしれません。特に中央リング部分には本体の上に台座があり、きれいな円形を作るのが難しく感じます。

ベルト穴はデザインナイフで切り取りましたが、濃い柄の物は特に線が見えにくく細いので苦労しました。ベルト穴が4つありますが、特定の人が着けるなら一カ所でも良いのかもと思います。作る時に考えてみて下さい。

今回も両面テープ使ってますが、特に糊とか木工用ボンドでも差異はないと思います。