Excel覚書 営業日を求める

Excel覚書 営業日を求める

営業日の関数として、WORKDAY、NETWORKDAYS、WORKDAY.INTL、NETWORKDAYS.INTLがあります。それぞれの使い方についてまとめてみました。

WORKDAY関数の使い方

=WORKDAY(開始日, 日数, [祭日])

・開始日から日数後の営業日を求めます

・第3引数の祭日を省略すると土日以外を営業日とします

・第3引数を使う場合、祭日一覧を作成します

NETWORKDAYS関数の使い方

=NETWORKDAYS(開始日, 終了日, [祭日])

・開始日から終了日までの営業日日数を求めます

・第3引数の祭日を省略すると土日以外を営業日とします

・第3引数を使う場合、祭日一覧を作成します

WORKDAY.INTL関数の使い方

=WORKDAY.INTL(開始日, 日数, [週末], [祭日])

・開始日から日数後の営業日を求めます

・第3引数の週末を省略すると土日を休日とします

・第3引数の週末を使う場合、以下の週末番号、又は7文字の数字文字列で指定します

週末番号 週末の曜日
1 または省略 土曜日と日曜日
2 日曜日と月曜日
3 月曜日と火曜日
4 火曜日と水曜日
5 水曜日と木曜日
6 木曜日と金曜日
7 金曜日と土曜日
11 日曜日のみ
12 月曜日のみ
13 火曜日のみ
14 水曜日のみ
15 木曜日のみ
16 金曜日のみ
17 土曜日のみ

数字文字列 文字列のスタートを月曜日として0を平日、1を休日で表します

“0010010”の場合、水、土が休みとなります

・第4引数の祭日を省略すると第3引数で指定した週末以外を営業日とします

・第4引数を使う場合、祭日一覧を作成します

NETWORKDAYS.INTL関数の使い方

=NETWORKDAYS.INTL(開始日, 終了日, [週末], [祭日])

・開始日から終了日までの営業日日数を求めます

・第3引数の週末を省略すると土日を休日とします

・第3引数の週末を使う場合、以下の週末番号、又は7文字の数字文字列で指定します

週末番号 週末の曜日
1 または省略 土曜日と日曜日
2 日曜日と月曜日
3 月曜日と火曜日
4 火曜日と水曜日
5 水曜日と木曜日
6 木曜日と金曜日
7 金曜日と土曜日
11 日曜日のみ
12 月曜日のみ
13 火曜日のみ
14 水曜日のみ
15 木曜日のみ
16 金曜日のみ
17 土曜日のみ

数字文字列 文字列のスタートを月曜日として0を平日、1を休日で表します

“0010010”の場合、水、土が休みとなります

・第4引数の祭日を省略すると第3引数で指定した週末以外を営業日とします

・第4引数を使う場合、祭日一覧を作成します

サンプル画像