芸術の秋ですから、ペンタブ買いました

すみません、芸術の秋は後付けです。

なんか、amazonのプライムセール見てたら、よさげなペンタブが手頃な価格であるではないですかって事でポチってしまいました。

それが、「RAYWOOD 筆や写楽 ペンタブレット KUMADORI」

印象は、届いた箱、見てかっこいい!!、本体見て、デカでした。

性能については、答えられません。ちゃんと描けます、それくらいしか言えません。(素人なんですみません)

普段使ってるPCが、27.5 x 18.8 のモバイルPCなんで、36.0 x 24.0 はかなりデカく感じます。予定では年末にメインノートPCを購入予定なんで今だけなんですが、

小型のこちらにも目移りしてたりします

私、絵描きのセンスは、俗に言う「画伯」レベルです。絵なんて遠い昔、美術で習ったきり、ほんと衝動的に見た目や、キャッチコピー(日本発とか)で買いました。

twitterで「どれが良いか分らず直感で選んだ」だの「この選択が正しいか分らん」だの、つぶやいたら、「プロでも通用するお品ですので自信をもって触って下さい」なんて返信頂いて、私の選択は間違ってなかったーなんてテンション上がりまくりです。

とりあえず、必要なソフトとかインストールして動作確認OKです。

何すれば、分かんないので、本屋で、

買ってみました。今はペンタブはお預けで、本を眺めてます。

帯に新海誠監督が書いてある通り、眺めてるだけで上手くなれる気がします。

すっごく勉強なります。美術ではそんな事教わってないよみたいな事が沢山載ってます。

私自身が素人なんで、おすすめなんて言えないですが、なんか、描ける気がしてくる本です。

すっごい上手じゃなくて良いんで、欲しい絵を、すらすらと自分で描けるくらいになれたら良いなと思います。