ナンバーズ3攻略 その2 暦データを追加する

スポンサーリンク
コンピュータ

この記事は、ナンバーズ3を攻略してお小遣いを増やせないか?との想いを元に試行錯誤した内容を記しています。内容にはオカルト、思い込み、希望等、根拠の無い推測も含まれます。信じる信じないは自己責任でお願いします。

ナンバーズ3攻略

暦データの取得

解析のバリエーションを増やす為に、抽選日をキーに七星、干支、五行、方位、八卦、色、六曜、カバラのデータを追加しました。

当初はハードコーディングやライブラリ利用を検討していましたが、ロジックが複雑になるので、事前にテーブルとして保存しておき対象日付分を転記する方法を用いました。

Do While True
    If j < 3 Then
        MsgBox "err"
        Exit Do
    End If
    If Sheets("reki").Cells(j, 1) = .Cells(i, 4) Then
        .Cells(i, 9) = Sheets("reki").Cells(j, 15) '九星日家 九星
        .Cells(i, 10) = Sheets("reki").Cells(j, 16) '九星日家 干支
        .Cells(i, 11) = Sheets("reki").Cells(j, 17) '九星日家 五行
        .Cells(i, 12) = Sheets("reki").Cells(j, 18) '九星日家 方位
        .Cells(i, 13) = Sheets("reki").Cells(j, 19) '九星日家 八卦
        .Cells(i, 14) = Sheets("reki").Cells(j, 20) '九星日家 色
        .Cells(i, 15) = Sheets("reki").Cells(j, 21) '六曜
        .Cells(i, 16) = Sheets("reki").Cells(j, 22) 'カバラ
        Exit Do
    End If
    j = j - 1
Loop

その他の加工

並び順の変更(日付降順⇒昇順)

並び順の変更は、今後のデータ追加を考えての事です。

.Range("A3:X" & CStr(i - 1)).Sort Key1:=Range("A1")

フィルタ設定

.Rows("2:2").AutoFilter

ウインドウ枠の固定

.Range("G3").Select
ActiveWindow.FreezePanes = True

見た目の調整(書式設定)

見た目は好みなので一部のみ掲示しました。

.Cells.Font.Name = "游ゴシック"
.Cells.Font.Size = 10
.Columns("A:A").NumberFormatLocal = "0_ "
.Columns("A:A").HorizontalAlignment = xlRight
.Columns("A:A").ColumnWidth = 5.5
.Columns("B:B").NumberFormatLocal = "yyyy/mm/dd"
.Columns("B:B").HorizontalAlignment = xlCenter
.Columns("B:B").ColumnWidth = 11
               ・
               ・
               ・

完成

とりあえず過去データの準備は出来ました。

これから行う事は、どうやって解析するか、新しいデータをどう追加するかの2つだと思います。解析はグラフや比率を使い、妄想と勝手な思い込み全開の内容、データ追加はWEBスクレイピングを考えてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました