複数の目薬を使うとき注意する事

スポンサーリンク
医療・福祉

複数の目薬を処方され使われている方がいますが、どのような注意が必要か調べてみました。

まず、大事なのは、医師の処方に従い使用する事です。勝手な解釈や点ければ良いみたいな考えでは、まったく無意味な行為になりかねないので注意しましょう。

処方薬について

複数の目薬を使用する

眼科受診し、複数の眼科薬が処方される事があります。点眼間隔や順番を守らないと意味の無い行為になりかねないので、しっかりと医師、薬剤師に確認しましょう。

点眼の間隔

点眼の間隔は5分以上が望ましく、粘度の高い及び、油性目薬は更に間隔を空けて点眼する事が推奨されています。間隔が短いとせっかく点眼したのに成分を吸収するまえに後からの目薬で流してしまい効果が得られない状況も起こりえます。

点眼の順番

医師の指示に従いましょう。考え方としては、水溶性→懸濁性→ゲル化→油性の順となり、重要度の高い点眼薬は最後に使う事が良いようです。油性の後に水溶性を使用した場合、油性の膜が水溶性をはじいてしまう事もあります。

※サイトによってはゲル化と油性の順番が前後するサイトもありました。どちらも目に長く滞在し水分のはじく性質なのですが、同時に処方された場合、間隔、順番を医師、薬剤師にしっかりと確認しましょう。

市販薬について

複数の目薬を使用する

複数の市販薬を使う事は、使い分ける事はあっても同時に使われる事は少ないと思います。そのような状況が必要ならば眼科受診を行い適切な処方を受けましょう。

市販薬の選び方

何を改善したいのかを明確にしましょう。痛み、かすみ、乾燥、充血が考えられますが、それぞれに対応した商品が販売されています。かすみ、乾燥、充血がある場合、ドライアイ対策の目薬も効果があります。ドラッグストア等に行くと薬剤師や登録販売者の方がいますので、症状を伝え最適な目薬を案内してもらいましょう。決して値段で決めない事が大事です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました